GIRLY

味はなんと『畳味』?!高品質国産いぐさ100%の【食べられるお箸】が登場…!!

日本人ならおなじみの「畳」ですが、その材料である「いぐさ」でできた『食べられるお箸(畳味)』が爆誕。 いぐさをもっと知ってもらいたい…そんな切実な想いから生まれた食べられるお箸です。

2017.04.20

味はなんと『畳味』?!高品質国産いぐさ100%の【食べられるお箸】が登場…!!

2017.04.20

目次

関連

日本人ならおなじみの「畳」ですが、その材料である「いぐさ」でできた『食べられるお箸(畳味)』が爆誕。 いぐさをもっと知ってもらいたい…そんな切実な想いから生まれた食べられるお箸です。

  • 『食べられるお箸(畳味)』

  • 『食べられるお箸(畳味)』出典:twitter.com
  • 出典:twitter.com
  • 食べられるお箸(畳味)なるものを手に入れたので、早速使ってみたけど、気づいたら箸ごと食ってる自分がいて、謎の喪失感に襲われるからあまりオススメしない

    出典:twitter.com
  • 熊本県産のいぐさを100%使用した食べられるお箸がツイッターで話題に。
    そのツイートがこちら。


    見た目は…木…?
    味は畳味。いぐさを使用しているので畳味というのはわかるんですが…なんとも…
    気が付くとご飯と一緒にそのまま食べてしまっているらしく、
    気が付いた時には謎の喪失感に襲われるそう。

  • ご飯を食べ終わるのが先か
    橋を食べ終わるのが先か

    出典:twitter.com
  • 畳味!?\(◎o◎)/

    出典:twitter.com
  • こりゃ駄目だ

    出典:twitter.com
  • みんなかなり困惑している様子…
    畳味なんて聞いたことないですもんね…

  • なんでこんなものが…

  • なんでこんなものが…出典:igsa.jp
  • 「イグサ フォトログ(IGUSA PHOTOLOG)」からうまれたこのぶっ飛んだお箸。


    畳は日本固有の文化。なのに現在ある畳の約8割が海外からの輸入品なのだとか。

    畳の材料、いぐさの国内生産96%を担ってるのは熊本県ですがそれでもここ40年の間に、いぐさ農家は約95%も減少…
    国産いぐさで作られる畳もこのままではなくなってしまう…!
    話題にしたい…”いぐさ”をもっと知ってほしい…もういっそ食べてほしい…


    そうだ 食べられるお箸を作ろう


    このようにして国産いぐさの良さを知ってもらうべく「食べられるお箸プロジェクト」が発足したんだそうです。

  • このお箸には食用にもできるほど高品質な熊本産いぐさが100%使用されています!


    いぐさって食べられるんですね…

    ちなみに、いぐさはレタスのなんと約60倍の食物繊維を含んでおり、
    このお箸一膳でサラダ1皿分の食物繊維を摂取できるんですって。


    いぐさ恐るべし…

  • 職人の手作り

  • 職人の手作り
  • 一本一本、職人が手作りで生地を練り上げ、
    じっくり低温で焼き上げているんだそう。


    「サクッと香ばしい食感」「リラックス効果のある香り」とうたわれていますが
    感覚は…お菓子に近めなんでしょうか…??


    食後の〆に箸を食べる…不思議な光景です。
    お茶とも合うかもしれませんね。

  • 食べられるお箸(畳味)が食べられる場所

  • 食べられるお箸(畳味)が食べられる場所出典:igsa.jp
  • 『食べられるお箸(畳味)』は

    都内のレストラン
    「熊本郷土料理 うまと(東京都港区新橋4-9-1)」
    「CASA Afeliz Ginza(東京都中央区銀座7-9-15 GINZA gCUBE 8F)」

    お箸の地元、熊本県の
    「藺家(熊本県八代市千丁町古閑出3-5)」


    の3か所で食事と一緒に味わうことができます。
    お箸の提供数量は限定されているので、店舗に行く前に問い合わせるといいですよ。



    「怖いもの見たさ」ならぬ「怖いもの食べたさ」でぜひ足を運んでみては…?

© 2015 All rights reserved GIRLY