海外でも話題になった【レインボーダイエット】で今年はヘルシーな健康ボディーを手に入れよう☆

食べて美人に!たくさんの海外セレブも実践しているレインボーカラーの食材を使ったダイエットで内側から健康的に美しくなってヘルシーな身体を手に入れましょう!【レインボーダイエット】をご紹介します!

2017.05.31

0 129 views

海外でも話題になった【レインボーダイエット】で今年はヘルシーな健康ボディーを手に入れよう☆

2017.05.31

0 129 views

食べて美人に!たくさんの海外セレブも実践しているレインボーカラーの食材を使ったダイエットで内側から健康的に美しくなってヘルシーな身体を手に入れましょう!【レインボーダイエット】をご紹介します!

  • 【レインボーダイエット】で内側からヘルシーな美人ボディーをGETしよう!

  • ダイエットの仕方は人それぞれ。
    運動して体系を維持する人もいれば、
    食事制限をして体系を維持する人もいます。
    運動しても不健康な食事をしていては意味がないし、
    過度な食事制限で例え食事をしていても
    栄養が身体に行き渡らず逆効果も。
    どんなダイエットをしていても
    やはり食事を意識することが一番大切!

    そんな時に海外で流行した【レインボーダイエット】を
    意識した食事を取れば身体の中から健康に
    ダイエットの効果をより引き出しやすい身体になるます!
    今回はそのレインボーダイエットについてご紹介します♪

  • レインボーダイエットって?

  • レインボーダイエットとは、
    食べ物の色、色素が関係するダイエット法。
    料理でも色とりどりな食材を使うと
    自然と栄養バランスが取れる
    と聞いたことはありませんか?

    食べ物は1つ1つ色が違いますよね?
    実はそれにはきちんとした意味があるんです。

    ガブリエル・コスンスさんによって考案された
    レインボーダイエット。
    "食物は固形の形をした光エネルギー"と彼はいっています。
    その光エネルギーのつまった食べ物を
    色でエネルギーの種類を分けて判断した方法が
    レインボーダイエットのやり方。

    色で必要なエネルギーがわかるんです!

  • 食材の色と栄養素について。

  • 様々なエネルギーを持つ食材。
    色別にご紹介します。

  • <赤>は高い抗酸化作用で”アンチエイジング”に!

  • トマト、にんじん、パプリカ、りんご、イチゴ、
    すいか、さくらんぼ。魚介類では、かつお、カニ、
    えび、鮭など。

    赤の食材は抗酸化力が強く、美肌にも効果あり!

  • <黄色>は活性酸素を除去して”皮膚のシミ””色素沈着”の予防に!

  • かぼちゃ、黄色パプリカ、バナナ、グレープフルーツ、
    オレンジ、レモン、マンゴー、卵など。

    黄色の食材は活性酸素をとりのぞいて肌のシミや
    黒ずみなど色素が沈着するのを防ぐ効果あり!

  • <緑>は”貧血防止”や”免疫力UP"でお肌の強い味方に!

  • ブロッコリー、アスパラガス、ピーマン、ほうれん草、
    水菜、キャベツ、にら、キウイ、おくらなど。

    緑の食材は体の免疫力を向上させて、
    貧血を防止する効果あり!

  • <紫>は"眼精疲労""アンチエイジング"の効果に!

  • なす、紫キャベツ、さつまいも(皮付)、
    ブルーベリー、巨峰、いちじく、ざくろ、あずきなど。

    紫の食材は目の疲れに効果を出して、
    色素が豊富なので抗酸化力も強くて
    アンチエイジングにも効果に期待あり!

  • <黒>は”美肌効果”がある成分がたくさん!

  • 黒ごま、黒豆、こんにゃく、プルーン、レーズン、
    昆布、のり、わかめ、もずく、めかぶ、黒米など。

    黒い食材は「アントシアニン」という成分があり、
    活性酸素を除去する抗酸化作用がとても高いので
    細胞の老化を防ぐ上にコラーゲンの合成を助けてくれる!

  • <茶色>は腸内環境を整えて”デトックス効果”に!

  • きのこ類、ごぼう、みそ、納豆、玄米、
    アーモンド、豚肉、牛肉など。

    茶色の食材は腸内環境をととのえて
    腸の動きを良くしてくれます。
    便通は美肌効果とも繋がりがあるので
    女性には欠かせない食材ですね!

  • <白>は身体とお肌のバリア機能UPに!

  • たまねぎ、大根、カリフラワー、かぶ、長いも、
    しょうが、白身魚、鶏肉、豆腐、ヨーグルトなど。

    白の食材は外からの有害物質や刺激を防ぐ働きの
    バリア機能を上げてくれます。
    肌内部に水分をキープし、保湿効果も期待あり!

  • 時間ごとにいろいろな色を摂取するとより効果UP☆

  • <朝>は”赤”と”黄色”を摂取!

  • 1日のはじめである朝食は、
    赤と黄色のフルーツ類をメインにするといいでしょう。
    ”オレンジ”も赤と黄色が合わさった色なので一石二鳥!
    フルーツは寝ている間に燃焼しきれなかった食物の
    消化を助ける働きもあり。
    鮭やエビ、卵、パプリカなどさっぱりと食べられて
    消化がいいものをメインすることで、
    抗酸化力が強く、アンチエイジングの強い味方に!

  • <昼>は”黄色”と”緑”を摂取!

  • 夜までの栄養が必要なランチタイムでは、
    ”緑黄色野菜”を食べるようにして
    サラダや柑橘系のフルーツ、かぼちゃ、
    卵を使った料理を食べるといいでしょう。

  • <夜>は”紫”と”白”を摂取!

キュレーター