GIRLY(ガーリー)

寒い冬の朝でもすっきり早起きができる♪「早起きは三文の得!」な10つのコツ

寒い冬の朝ってどうしてもベットから起きたくなくなりますよね。いつもより眠気も増して寝起きが悪く感じることはないですか?そんな早起きが最も辛くなる冬時期に、すっきり早起きができて一日をより充実させることができるコツをご紹介します!

2017.11.30

寒い冬の朝でもすっきり早起きができる♪「早起きは三文の得!」な10つのコツ

2017.11.30

目次

関連

寒い冬の朝ってどうしてもベットから起きたくなくなりますよね。いつもより眠気も増して寝起きが悪く感じることはないですか?そんな早起きが最も辛くなる冬時期に、すっきり早起きができて一日をより充実させることができるコツをご紹介します!

  • 朝起きるのが辛い…早起きが大っ嫌い!

  • 冬の寒い朝はとにかく起きることがまず大変!

    もともと早起きが嫌いな人ならなおさら
    ずっと布団にくるまって寝ていたい気分ですよね。

    気付くともうこんな時間!?
    急いで支度したいけど、寒くて身体がいうこと聞かない!
    そんな時ないですか?

    今回はそんな寒い冬の朝でも早起きができて
    1日がより充実するそんなコツをご紹介します♪

  • そもそも、なんで冬の朝はこんなに辛いの!?

  • 冬の朝ほんと暗いのと寒いのとで起きれない

  • @KAMELODY_oO 朝布団からでようとしたら寒いからあとちょっとだけって言ってベッドに連れ戻される冬の目覚めはいつになったらできるの?

  • ①布団の中と部屋の温度の差が大きい

    ②冬は日の出が遅い

    ③イベントでリズムが崩れる

    この3つが主な原因に!

    布団が暖かいだけに、外に出たときに
    大きな温度差と余計に寒さを感じやすくなりますよね…

    わかる、わかる…

  • 《寝る前にできる》冬でも早起きができるコツ!

  • ① 軽いストレッチをする

  • 寝る前にその日の疲れをしっかり取っておくのが大切!

    特にストレッチで筋肉をほぐしておくとベスト。

    身体のサイドを伸ばしたり、
    前屈で背中の疲れを取ったり、
    ヨガの猫のポーズも効果的ですよ*

  • ② 暖房のタイマーをセット

  • 部屋とベットの温度差をなくすために
    起きる30分〜1時間前に暖房が起動するように
    タイマーをセットしておくのがおすすめ!

    これはかなり効果的な方法です*

  • ③ アラームは手の届かないところに置く

  • アラームをセットしたらベットより遠くの
    簡単には手の届かない所に置いておくのがおすすめ!

    そうすることで、朝の二度寝を防止することができます。

  • ④ 暖かい部屋着で

  • 掛け布団や毛布で寝具を暖かいものにするより
    自分自信を温める部屋着を暖かいものにするのがベスト!

    一番寒いのはベットを出た後
    その時の防寒もしっかり忘れなければ
    寝起きもよりすっきりするはずですよ。

  • ⑤ 起きる6時間前には部屋を暗くする

  • 早起きをするには睡眠時間を調整するのが一番!

    浅い眠りと深い眠りを繰り返している私たちは
    その90分間の倍数である6〜7.5時間の睡眠がベスト。

    最低でも起きたい時間の6時間前までには
    部屋を暗くして寝る準備を整えるのがおすすめです。

  • 《起きたらできる》冬でも早起きができるコツ!

  • ⑥ 朝日を浴びる

  • 起きたらまずカーテンを開いて朝日(太陽光)を
    浴びるのがおすすめ!

    日の光が一番気持ちよく目覚めるポイントですが、
    薄暗い朝も多い冬は電気をつけるだけでも
    かなり違ってきますよ。

  • ⑦ 水を飲む

  • 朝起きたら水を飲むことで気分がかなりすっきりします!

    ベットの横や近くにペットボトルなどを用意して
    水を飲める準備をしておくのがおすすめです。

  • ⑧ 自分にご褒美をあげる

  • 辛い冬の朝の早起きができた時には
    自分にご褒美をあげるのもいいかもしれませんよ!

    糖分を取れば脳も活性化させて回転が良くなるはず。

    でも食べ過ぎは健康に害するので
    ほどよい量を取るようにしましょうね。

  • ⑨ 大好きな音楽を聴く

  • 目覚めてから自分好きな(気に入りの)音楽を聞くと
    頭が一気に冴えてすっきり目覚めることができますよ!

    ネガティブな曲調ではなくて
    テンポの高めの楽しくなるような曲がおすすめ。

  • ⑩ 熱いシャワーを浴びる

  • 起きた後の熱いシャワーはすっきり目覚めるための
    最後の仕上げに!

    この時身体をゴシゴシ洗い過ぎないように、
    寝ている間に出た汗を軽く洗い流すような感覚で
    入るのが一番ベストですよ。

    髪もできれば寝る前に洗って
    朝の時はシャワーの蒸気寝癖を直すくらいの感覚が
    頭皮にも優しいのでおすすめです。

  • 『モーニングシート』で目標をつくるとより効果的!

  • おすすめなのは『モーニングシート』というのを作ること!

    目的や目標を持ってそれを紙に書くことで
    早起きをする意気込みをつくることができます*

    書く内容は…

  • ▶早起きをして、やりたいこと

  • 早起きをして何をしたいのか。

    ・ヨガをする
    ・ランニングをする
    ・読書をする
    ・部屋を掃除する   などなど

  • ▶早起きができると、どんな自分になれるのか

  • 早起きをすること(続けること)で
    どんな自分になっていると思うか。

    ・スリムになって、魅力が増す
    ・健康的になって、周りの目を惹きつける
    ・学力が上がって、みんなに尊敬される
    ・節約ができて、将来の夢が叶う     などなど

  • ▶完成した自分のイメージ像

  • 目標を達成できたときの自分のイメージを
    写真や雑誌を切り抜いたりしてつくる。

    憧れの人を思い浮かべて行うのが一番ベスト!

  • ▶早起きを記録

  • 早起きができたらしっかり記録をするのが大切。

    正の字やチェックマークでしっかり記録しましょう!

    1日1ポイントなどのポイント制にして
    最低でも何日続けられるようにと目標をつくるのがおすすめ。

  • ▶自分へのプレゼント

  • 最後に目標を達成した時の自分へのプレゼント
    (ご褒美)を選んでおきましょう!

    ・ケーキを買う
    ・洋服を買う
    ・思いっきり遊ぶ   などなど
    自分がハッピーになれるものを選ぶのがおすすめです。

  • 1日がもっと充実♪早起きは三文の得♪

  • いかがでしたか?

    自分へのご褒美があれば
    嫌な早起きも頑張ろうって気になれますね♪

    早起きをすればその日1日の充実度がかなり違ってくるはず!

    是非参考にして寒い冬に負けないように
    朝すっきり起きれるそんな生活習慣を身につけましょう。

© 2015 All rights reserved GIRLY