食べる日焼け止め!?日焼け防止に効果がある食べ物で体の中からも紫外線対策♡

日焼け対策、しっかりできていますか??「日焼け止めは塗ってるのになぜか焼けちゃう(>_<)」って方も「日焼け止めが嫌い!」って方にもオススメ!今年の夏は外側だけじゃなくからだの中から紫外線対策しましょう♡

2014.07.18

0 714 views

食べる日焼け止め!?日焼け防止に効果がある食べ物で体の中からも紫外線対策♡

2014.07.18

0 714 views

日焼け対策、しっかりできていますか??「日焼け止めは塗ってるのになぜか焼けちゃう(>_<)」って方も「日焼け止めが嫌い!」って方にもオススメ!今年の夏は外側だけじゃなくからだの中から紫外線対策しましょう♡

  • 体内からの日焼け対策って本当にできるの!?

  • 夏に肌のトラブルを防ぐには、できるだけ紫外線を浴びないようにすることが大切。

    しかし、より万全の体勢を整えるには、皮膚の健康を保つのに有効な栄養素を摂って、体質を改善させることが必要です。

    出典:www.taiho.co.jp
  • 肌を構成しているのは細胞です。その細胞は常に生まれ変わっているのですが、細胞を作るためには血液からの栄養が不可欠。そして、血液は食べ物や飲み物からできています。つまり極端にいえば、普段食べたり飲んだりしているものが、肌を作っているんです。食事はスキンケアにおいても重要なポイントなんですよ

    出典:www.enjoytokyo.jp
  • 食生活は体内の炎症に多大なる影響を与えます。日焼け対策の大部分は炎症を抑える食生活を送ることにあります

    出典:wellnessmama.com
  • 知っておきたい美白ケア成分♡

  • リコピン

  • 抗酸化作用でお馴染みの『リコピン』。紫外線にさらされることで体内に発生した活性酸素は、細胞にダメージを与えます。リコピンは、ビタミンEの100倍以上の抗酸化力で活性酸素を除去。それだけでなく、カゴメ株式会社の研究によれば、リコピンは皮膚に蓄積して、その効果を発揮するそうですから、紫外線の強い季節には欠かせない存在です。

    出典:lbr-japan.com
  • ビタミンC

  • 活性酵素を抑える働きをするほか、皮膚に必要なコラーゲンの合成を促進します。

    出典:googirl.jp
  • ビタミンE

  • 活性酵素が発生した際に、細胞膜を守って酸化を防ぐ働きをします。他の栄養素と相乗効果を発揮するのもビタミンEの特徴です。
    アーモンドなどナッツ類、植物油、うなぎ、西洋かぼちゃなど。また食品全般に微量でも含まれています。

    出典:googirl.jp
  • β-カロチン

  • 代謝により使われた分のビタミンA(ガンの抑制や免疫にかかわる)にかわる。

    活性酸素を抑える。

    出典:sigaisen5500.seesaa.net
  • エラグ酸

  • イチゴなどのベリー類に含まれるポリフェノール『エラグ酸』には、メラニン色素を生成する酵素「チロシナーゼ」の活性を抑える働きがあります。シミの元を作らせない強い味方!

    出典:lbr-japan.com
  • アミノ酸

  • 不メラニンの生成を抑え、できたメラニンを少なくする=シミの抑制効果。

    出典:www.garafaku.com
  • ハチミツ、ねぎ、卵、豚ひれ肉 などが良いです。

    出典:sigaisen5500.seesaa.net
  • 亜鉛

  • 紫外線に対する皮膚の抵抗力に関わります。
    亜鉛不足は、皮膚の抵抗力を弱めます。

    出典:sigaisen5500.seesaa.net
  • 飲む!日焼け止め♡

関連キーワード

日焼け止め 紫外線 対策 食べ物

キュレーター