GIRLY

食べる日焼け止め!?日焼け防止に効果がある食べ物で体の中からも紫外線対策♡

日焼け対策、しっかりできていますか??「日焼け止めは塗ってるのになぜか焼けちゃう(>_<)」って方も「日焼け止めが嫌い!」って方にもオススメ!今年の夏は外側だけじゃなくからだの中から紫外線対策しましょう♡

食べる日焼け止め!?日焼け防止に効果がある食べ物で体の中からも紫外線対策♡

日焼け対策、しっかりできていますか??「日焼け止めは塗ってるのになぜか焼けちゃう(>_<)」って方も「日焼け止めが嫌い!」って方にもオススメ!今年の夏は外側だけじゃなくからだの中から紫外線対策しましょう♡

  • 体内からの日焼け対策って本当にできるの!?

  • 夏に肌のトラブルを防ぐには、できるだけ紫外線を浴びないようにすることが大切。

    しかし、より万全の体勢を整えるには、皮膚の健康を保つのに有効な栄養素を摂って、体質を改善させることが必要です。

    出典:www.taiho.co.jp
  • 肌を構成しているのは細胞です。その細胞は常に生まれ変わっているのですが、細胞を作るためには血液からの栄養が不可欠。そして、血液は食べ物や飲み物からできています。つまり極端にいえば、普段食べたり飲んだりしているものが、肌を作っているんです。食事はスキンケアにおいても重要なポイントなんですよ

    出典:www.enjoytokyo.jp
  • 食生活は体内の炎症に多大なる影響を与えます。日焼け対策の大部分は炎症を抑える食生活を送ることにあります

    出典:wellnessmama.com
  • 知っておきたい美白ケア成分♡

  • リコピン

  • 抗酸化作用でお馴染みの『リコピン』。紫外線にさらされることで体内に発生した活性酸素は、細胞にダメージを与えます。リコピンは、ビタミンEの100倍以上の抗酸化力で活性酸素を除去。それだけでなく、カゴメ株式会社の研究によれば、リコピンは皮膚に蓄積して、その効果を発揮するそうですから、紫外線の強い季節には欠かせない存在です。

    出典:lbr-japan.com
  • ビタミンC

  • 活性酵素を抑える働きをするほか、皮膚に必要なコラーゲンの合成を促進します。

    出典:googirl.jp
  • ビタミンE

  • 活性酵素が発生した際に、細胞膜を守って酸化を防ぐ働きをします。他の栄養素と相乗効果を発揮するのもビタミンEの特徴です。
    アーモンドなどナッツ類、植物油、うなぎ、西洋かぼちゃなど。また食品全般に微量でも含まれています。

    出典:googirl.jp
  • β-カロチン

  • 代謝により使われた分のビタミンA(ガンの抑制や免疫にかかわる)にかわる。

    活性酸素を抑える。

    出典:sigaisen5500.seesaa.net
  • エラグ酸

  • イチゴなどのベリー類に含まれるポリフェノール『エラグ酸』には、メラニン色素を生成する酵素「チロシナーゼ」の活性を抑える働きがあります。シミの元を作らせない強い味方!

    出典:lbr-japan.com
  • アミノ酸

  • 不メラニンの生成を抑え、できたメラニンを少なくする=シミの抑制効果。

    出典:www.garafaku.com
  • ハチミツ、ねぎ、卵、豚ひれ肉 などが良いです。

    出典:sigaisen5500.seesaa.net
  • 亜鉛

  • 紫外線に対する皮膚の抵抗力に関わります。
    亜鉛不足は、皮膚の抵抗力を弱めます。

    出典:sigaisen5500.seesaa.net
  • 飲む!日焼け止め♡

  • トマトジュース

  • リコピンは、加熱したほうが吸収が良いことがわかっていますから、紫外線対策に摂るならトマトジュースがオススメ。カゴメ株式会社の研究によればビタミンEと一緒に摂ると、さらに効果が高まるとのこと! トマトジュースにオリーブオイルを加える、ナッツを一緒に食べる、などビタミンEとセットで摂れば◎。

    出典:lbr-japan.com
  • アセロラジュース

  • アセロラポリフェノールを摂りたいなら、やっぱり飲み物で摂るのがオススメ。アセロラ100%ジュースだけでなく、ブレンドされたハーブティもありますから、お好みのドリンクを見つけてみて!

    出典:lbr-japan.com
  • お茶

  • 黒、白、緑の色をしたお茶には紫外線から肌を守ってくれる2種類のフラボノイドであるポリフェノールとカテキンがふんだんに含まれています。中でも緑茶には最もパワフルなポリフェーノールである没食子酸エピガロカテキンが多く含まれているので最も効果的だと言われています。

    没食子酸エピガロカテキンは日常的に摂取することにより日光による肌の老化を遅らせ、皮膚がんを予防し、腫瘍細胞を抑制する効果があることが分かっています。この効果を得るためには一日二杯以上のお茶、特に緑茶を飲むと良いそうです。

    出典:www.lifehacker.jp
  • コーヒー

  • コーヒーにはポリフェノールが特に多く含まれており
    その含有量は赤ワイン並に含まれています。

    ポリフェノールには抗酸化成分が多量に含まれており、
    コーヒをよく飲む人の方が極めてシミが少なく、
    特に一日2杯以上(150ml)飲んでいる方はその効果が
    現れているとの研究結果もあります。

    ポリフェノールは摂取してから2時間ほどで消えてしまうので
    こまめに飲むのがポイントになります。
    昼間から赤ワインはさすがにマズイ!
    という方は、とてもオススメです。

    出典:zapkun.net
  • 食べる!日焼け止め♡

  • バナナ

  • 抗酸化力が一番強い食品は実はバナナなんです。
    しかも熟したバナナは抗酸化成分が最強に豊富に含まれており、
    美容ビタミンと呼ばれているビタミンB6とB2は果物の中で
    一番多く含まれており値段も安く入手しやすいと死角はありません!

    出典:zapkun.net
  • サツマイモ

  • リコピンと同様に果物や野菜に含まれるオレンジ色素であるβカロチンも日焼け対策として効果的です。βカロチンを最も多く含んでいる野菜はサツマイモです。

    出典:www.lifehacker.jp
  • アーモンド

  • アーモンドはビタミンEを最も多く含んだ食べ物のひとつです。毎日20粒のアーモンドを食べる実験では、「アーモンドを食べていた参加者が同じ量の紫外線を受けた場合、アーモンドを食べていない参加者よりも日焼けしにくかった」という結果が明らかになっています。アーモンドは紫外線ダメージから皮膚を守ってくれるケルセチンというフラボノイドが大量に含まれています。

    出典:www.lifehacker.jp
  • ダークチョコレート

  • カカオ70%以上のダークチョコレートにはお茶の4倍のフェノールやカテキンが含まれており、日焼けに対する耐性を最大25%強める効果があります。摂取量としては1日60グラムくらいが奨励されているので、苦もなく摂取できそうです。

    ですが、ダークチョコレートが好きではないなら代わりにミルクチョコレートをどうぞというわけにはいかないようで、ミルクチョコレートに含まれるミルクはポリフェノールが体内に吸収されるのを抑える効果があり、ただ単にデザートを楽しんでいるだけになってしまいます。

    出典:www.lifehacker.jp
  • うなぎ

  • うなぎにはビタミンEやコラーゲンを多く含んでいる美容食です。
    ビタミンEには体から排出されるメラニンを助け新陳代謝を促してくれる
    作用があります。

    また、アナゴにも同じ成分が含まれていますので、代用してもOKです。

    出典:zapkun.net