GIRLY(ガーリー)

『涙活映画』♡3つのジャンル〈恋愛 友情 家族〉からピックアップ♪

定番~マイナーまでそれぞれのジャンルから泣けるおすすめ映画を選びました♥ このモヤモヤとした気持ちを涙活でスッキリさせましょう♪

2015.11.13

『涙活映画』♡3つのジャンル〈恋愛 友情 家族〉からピックアップ♪

2015.11.13

目次

関連

定番~マイナーまでそれぞれのジャンルから泣けるおすすめ映画を選びました♥ このモヤモヤとした気持ちを涙活でスッキリさせましょう♪

  • 涙活で一心☆

  • 涙活で一心☆出典:weheartit.com
  • 出典:weheartit.com
  • 最近思いっきり泣きましたか?

    何かモヤモヤが体に溜まっているなら
    家で泣けるDVDを見て
    思いっきり涙を流してスッキリしましょう♡


    おすすめのDVDを紹介します▼

  • 〈恋愛〉私の頭の中の消しゴム ~死より切ない別れがある~

  • 〈恋愛〉私の頭の中の消しゴム ~死より切ない別れがある~出典:mini-navi.com
  • 育った環境の違う2人が惹かれあい新婚生活が始まる。
    しかし、妻スジンが若年性アルツハイマー病にかかってしまう。
    夫のことも忘れられてしまう精神的な死の辛さに耐え、彼女を大きな愛で受け止め、支えていく物語

  • 前半のシーンの伏線が後半で涙腺を崩壊させる。。。
    最後まで号泣しぱなっしの作品です!

  • キャストは
    チョン・ウソン

  • ソン・イェジン

  • 出典:gensun.org
  • ♦感想

  • 夫が妻に対して言った
    「記憶をなくすたび俺がナンパして出会う
    一生恋愛できるんだ」
    といった内容の言葉がとても心に残っています。

    記憶をなくすことをそんな風に捉えられる夫の優しい気持ちに、涙がでました。みてよかったです。

    出典:eiga.com
  • 全体にまとまりがあると言うか、つながりが出来ているので、どこを見ていても泣けてくる感じです。コンビニで再現するシーンはかなり好きです。

    出典:www.jtnews.jp
  • 〈友情〉fiendsもののけ島のナキ ~どこまでも、きみのともだち~

  • 〈友情〉fiendsもののけ島のナキ ~どこまでも、きみのともだち~出典:www.hmv.co.jp
  • もののけ島に一人の人間の赤ん坊「コタケ」が迷い込んでしまう。赤鬼のナキと青鬼のグンジョーは、コタケの面倒を見ることに。最初はケンカしてばかりだったナキとコタケだったが、かけがえのない友達になっていく。しかし、母親が恋しかろうと察して、もののけの掟を破ってコタケをそっと人間の村に送り届ける。しかし、また会いたくなり、人間の村へ訪れるのだが、人間ともののけは相いれない間柄であった。

    出典:ja.wikipedia.org
  • 児童文学「泣いた赤おに」をアレンジしたCGアニメ♡
    SMAPの香取信吾さん他豪華キャストが声優をつとめてます!

  • コタケがとても可愛い♡
    声・仕草がたまらないですよ!
    癒されること間違いなしっ
    心が浄化されます♪

  • いっぱい笑って、最後は友情の不器用な優しさで涙が止まらなくなります!!
    アニメだからってナメちゃいけません♥

  • ♦感想

  • 夫婦で見て、二人とも沢山泣きました。
    特に私は号泣しました。
    久々に出会った、切なくも温かい、泣けるアニメです。

    出典:movies.yahoo.co.jp
  • 『friends もののけ島のナキ』ゲタゲタ笑いポロポロ泣いてテンポが良くて小竹はかわゆすだしで、アバター級にCGもいいじゃんと思ってしまった。大人も肩の力抜いて観られるよ。私もナキとお友達になりたいなあ。

    出典:coco.to
  • 『friends もののけ島のナキ』子供向と思たら意外と大人も見れる(≧д≦)って言うか大人が見ろ!!泣いた赤鬼が元になってるみたいでーぐんじょおおおおおおお(;д;)人物はアニメチックけど風景のCGは海外作品に引けを取らない感じです

    出典:coco.to
  • 〈家族〉クリック もし昨日が選べたら

  • 家庭より仕事を優先させる男が何でも出来る万能リモコンを手に入れ、人生をボタン1つで操っていく様を描いたコメディである。
    そのリモコンは時間を制御できるが、面倒なことを回避し望みを叶えているうちに、時間が先送りさ れてしまう。

    出典:ja.wikipedia.org
  • 面倒なことがあると早送り!

  • 目の前の時間を大切にしなかった主人公。

    あっという間に自分の死の時がせまり、「家族を大切にしておけばよかった」と泣きながら後悔してるシーンは見ていてとても辛くなりました!

    今という時間と周りの人を
    大切にしなきゃなと考えさせられました。

  • 主演のアダム・サンドラ―

  • ♦感想

  • 観ていて普通に泣けました。。
    この作品を観て「今」の大切さに強く気付かされました。
    どんなに後悔しても過去に戻ることは絶対に出来ない。
    だからこそ「今」を大切に「今」を幸せに過ごす事が大事だと思います!
    何だか、とても前向きになれた作品でした。

    出典:movies.yahoo.co.jp
  • コメディかと思いきやラストの感動シーン、
    油断してるだけあってほろっときちゃいますね。
    楽に観れるし、最後のオチまでしっかりしてる。
    いいもの観ました。

    出典:www.jtnews.jp

© 2015 All rights reserved GIRLY