GIRLY

一重でも外国人風の目になれる*【カットクリース】でやるメイクアップ術

今、海外でも日本でも流行っているメイクアップ術が【カットクリース】目を大きくゴージャスに魅せてくれるこのメイクアップは一重や奥二重が多い日本人にとって外人風のお目目になれる重要なメイク術!今回はそのカットクリースをマスターする方法をご紹介します。

2017.06.26

一重でも外国人風の目になれる*【カットクリース】でやるメイクアップ術

2017.06.26

目次

関連

今、海外でも日本でも流行っているメイクアップ術が【カットクリース】目を大きくゴージャスに魅せてくれるこのメイクアップは一重や奥二重が多い日本人にとって外人風のお目目になれる重要なメイク術!今回はそのカットクリースをマスターする方法をご紹介します。

  • 外国人みたいな目元をGETできるアイメイク術がある*

  • 外国人のぱっちりな目元に憧れる人は少なくないはず。

    私もその1人なのですが、
    日本人の多くは奥二重が一重の目元が多いですよね。

    目が細長な形が特徴の日本人は
    目が周りよりも小さく見えがちで
    それがコンプレックスという人も多いはず。

    そんな外人お目目に憧れる人に
    おすすめしたいアイメイク術【カットクリース】

    これは海外女子主にアメリカの子達がやっている
    アイメイク術なんですよ*

    このアイメイクはアジア人の私たちでも
    使える優秀なメイク術。

    是非マスターしてゴージャスな目元を手に入れてみましょう!

  • カットクリースで手に入れる外国人風なゴージャスEYES♡

  • そもそもカットクリースって?

  • カットクリースとは、
    アイメイクをする際につくるダブルラインのこと。

    ”クリース”は二重線のことをさすのですが、
    アジア人は欧米人のように
    二重の線が目のくぼみ近くにはないので
    日本人は特に眉骨下の部分の<くぼみにラインを入れる>と
    考えた方がいいかもしれません。

    その二重の線や目のくぼみに沿ってアイシャドウで
    ラインを描くと目がより大きく見えて
    ゴージャスに魅せてくれるというメイク術のことなんです*


  • カットクリース*ベーシックなやり方*

  • 主に必要な物は、
    ・アイシャドウ
    ・リキットコンシーラー
    ・アイライン

    ① 目のくぼみにそって濃い色のアイシャドウを塗る。
    ② ①で塗ったアイシャドウの下にリキットコンシーラで
      線を引く。
    ③ コンシーラーで引いた線より下の部分に明るい色の
      アイシャドウをのせる。
    ④ アイライナーでキャットアイを描いて、マスカラも
      塗れば完成!



  • アジア人ならこんな感じの目元になれる*

    眉毛もしっかりアーチを描いた形にしてあげると
    より外国人風になるよ*

  • いや…ちょっと濃すぎじゃない?!って人は

    アイシャドウの色味を変えるだけで
    派手さがかなり変わりますよ*

    ナチュラルにしたい人は
    できるだけ肌の色に近い色味でクリースをつくると
    自然な感じで目が大きく見える!

  • カットクリースと一緒に重要なのが【キャットアイ】


  • カットクリースにはキャットアイがセット*

    目尻長めのアイラインを描くと
    より外人風でゴージャスな目元がつくれます。

    YouTuberもたくさん実践している
    【カットクリース】アイメイク。
    このYoutuberからも学べますよ!
    私が最近面白いなと思って観ている人なので
    チェックしてみてください↓↓

  • カットクリースをもっとゴージャスに*パーティーメイク術


  • よりゴージャスに目立ちたいなら、
    コンシーラーの後にグリッターを
    クリースしたにのせると
    派手めゴージャスな目元に*

    アイラインもいつもよりがっつり引いてみて!

  • こちらはクリースとコンシーラーの間を
    グリッターでラインを描いたアイメイク術*

    ちょっぴり難易度高めだけど、
    目立ちたいパーティーシーンや
    ハロウィンなどの仮装シーズンなんかにおすすめ!

  • カットクリースをマスターして外人EYESを手に入れちゃおう*

  • いかがでしたか?

    ちょっとケバいとか思うかもしれませんが、
    もっとナチュラルにしたい人は
    肌色カラーでさり気なくやるといいですよ*

    是非試してみてくださいね。