GIRLY

呼吸の仕方で体調が変わる!?女性のプチ不調を解消できる【片鼻呼吸法】のやり方*

無意識にしている呼吸、現代人は忙しさやストレスで呼吸が浅くなりがちなんだとか。今回はいつもの呼吸を深めるのに役立つといわれている【片鼻呼吸法】をご紹介します。

呼吸の仕方で体調が変わる!?女性のプチ不調を解消できる【片鼻呼吸法】のやり方*

無意識にしている呼吸、現代人は忙しさやストレスで呼吸が浅くなりがちなんだとか。今回はいつもの呼吸を深めるのに役立つといわれている【片鼻呼吸法】をご紹介します。

  • 体調は呼吸で整えることができる!?

  • 冷えや便秘、疲れやすい、眠りが浅い、
    何となくやる気がしない時は自律神経が乱れている証拠。

    自律神経は不規則な生活や睡眠不足、ストレス、
    加齢による女性ホルモンの減少などでも低下してしまうもの。

    適度な運動が自立神経を整えるのを助けてくれますが、
    忙しい人はそうはいかない。

    そんな時に大切なのが深く呼吸をすること。

    中でもヨガで行われる【片鼻呼吸法】がとても助けになるんです。

  • 片鼻呼吸法をマスターして毎日万全の体調を手に入れよう!

  • 片鼻呼吸法の効果とは?

  • 片鼻呼吸法には、
    自律神経を整えて体も心もスッキリさせる効果があります。

    自律神経が整うことで血流が良くなって
    リラックス効果を得られストレスも軽減、
    体も心もスッキリしちゃうんですよ。

    自律神経が乱れると起こる
    頭痛、めまい、冷え、動悸、肩こりなど色々な症状も
    これによって解消できるんです。

  • まずは左右の鼻呼吸をチェック!

  • 普段の生活で無意識に呼吸をしている私たちは
    両方の鼻で呼吸をしているのではなくて
    どちらか一方の鼻で呼吸をしているのは知ってましたか?

    2〜3時間右鼻で呼吸をしたら
    次の2〜3時間は左鼻で呼吸をする。

    そうやって自律神経を整えているんです。

    ▶右の鼻で呼吸する
    交感神経を刺激する=やる気がわく
    左脳を刺激する=言語能力アップ
    血糖値と心拍数を上げる効果が。

    ▶左の鼻で呼吸する
    副交感神経を刺激する=リラックスする
    右脳を刺激する=空間能力アップ
    血糖値と心拍数を下げる効果が。

    右の鼻で呼吸しやすかった人は、
    交感神経が優位で眠気がなく、覚醒している状態。

    左の鼻で呼吸しやすかった人は、
    副交感神経が優位で眠気がある状態。

  • 簡単な片鼻呼吸で頭を冴えさせよう!

  • ①親指を右鼻、薬指を左鼻にあて両鼻を閉じる。

    ②薬指を解放し、左の鼻から息を4秒間吐く。

    ③左鼻から4秒吸い、両鼻を塞いで4秒息を止める。

    ④親指を解放し、右鼻から4秒吐き、右鼻から4秒吸い、
     両鼻を塞いで4秒息を止める。

    ⑤②〜④を3往復したら、8秒間に伸ばして同様に3往復する。

    これを自分の必要な効果にあわせて
    右か左の鼻で行うと脳に酸素が行きわたって頭がすっきり!

  • イライラしたら右鼻を押さえて!

  • 交感神経が高まってイライラしていると感じた時は
    右の鼻を押さえてゆっくり深呼吸がおすすめ*

    副交感神経を優位にすることで自然とリラックス効果が。

    眠れない夜にもおすすめです!

  • 眠くなったら左鼻を押さえて!

  • 眠くなったり、やる気が起きない時は交感神経を刺激する為に
    左の鼻を押さえて深く深呼吸がおすすめ*

    頭もスッキリして頑張ろうっていう気になれるはずですよ。

  • 片鼻呼吸でストレスフリーな身体になろう!

  • 手間もかからずにほんの数分でできるし、
    場所も一切取らないどこでもできるので
    ストレスを感じる非常事態に是非やってみてくださいね!

    ストレスの内体質がより女性を魅力的にしてくれますよ。