GIRLY(ガーリー)

【寝起きが悪い・朝が苦手な人に】毎朝スッキリ目覚めて朝美人になる7つの方法♪

朝が苦手な人にとって毎朝起きるのはとにかく苦痛ですよね。そんな人たちが毎朝スッキリ起きれて、目覚めのいい朝美人になれる寝起きの対策をまとめました。

2017.09.01

【寝起きが悪い・朝が苦手な人に】毎朝スッキリ目覚めて朝美人になる7つの方法♪

2017.09.01

目次

関連

朝が苦手な人にとって毎朝起きるのはとにかく苦痛ですよね。そんな人たちが毎朝スッキリ起きれて、目覚めのいい朝美人になれる寝起きの対策をまとめました。

  • とにかく眠い…朝は毎日最低な気分…

  • 朝が苦手な人にとって朝起きるのは本当苦痛でしかない!

    スッキリ目覚められずに寝起きが悪いことで
    気分も上がらずいい一日のスタートが切れないですよね。

    今回はそんな毎朝布団からですのが辛いと悩んでいる人に
    スッキリ目覚められる寝起き対策をご紹介します。

  • なんでこんなに寝起きが悪いの、私?

  • ”寝起きが悪い”という状態になるのは
    起きるべきすべきタイミングに起きれない
    <睡眠慣性> という身体の習性に要因があるみたい*

    目が覚めても眠気やだるさが残っていたり
    身体が起きていても脳がまだ眠っている状態など。

    睡眠の質が良くなかったり、脳が深い睡眠に入っているときに
    強制的に目覚めたりすると起こりやすい現象なんです。

  • そんな”寝起きが悪い”あなたが朝にするべき7つ対策

  • 寝起き対策① 日光を浴びる

  • 朝が苦手な人のための大切な対策は”日光を浴びる”こと◎

    朝日を浴びることで体が朝であると認識して
    体内時計がリセットされます。

    太陽の光は曇りでも関係なくあります!

    天気にかかわらず朝起きたらすぐにカーテンを開けてみて。

  • 寝起き対策② 1杯の水を飲む

  • 寝ている間は水分が失われて血行が悪くなります。

    そこで目が覚めてたら”1杯の水を飲む”のがおすすめ◎

    お水は体を冷やさない常温か白湯を飲むのがベスト。

    睡眠中に失われた水分が補給されて
    血行が良くなるので気分もスッキリなりますよ。

  • 寝起き対策③ 手を「グーパー」して血行を促す

  • 手を握って開くという動作を繰り返すと血流がよくなって
    体温が上昇して脳が活性化するんです◎

    目が覚めたら横になったまま両手を天井に向けて
    手のひらをグーパーグーパーと繰り返す動きを
    2~3分続けるのがおすすめです。

  • 寝起き対策④ アロマオイルを嗅ぐ

  • ”香り”は脳に直接刺激を与えて覚醒するのを助けます◎

    レモンやオレンジなど柑橘(かんきつ)系
    ミントやローズマリーなどハーブ系のアロマオイルは
    特にすっきりと目覚められるのでおすすめ。

  • 寝起き対策⑤ クールの目薬をさす

  • もう全然ダメって人は少々無理矢理な対策も。

    クールな目薬を使って眼球を物理的に刺激します◎

    ドライアイの改善にも繋がって一石二鳥かも!?

  • 寝起き対策⑥ 眠気を覚ますツボを押す

  • ”ツボ押し”は血行が促進されて眠気を覚ますに有効的◎

    特に<睛明(せいめい)>と呼ばれる目頭のやや上、
    骨がカーブしているところの角の裏側にあるツボがいい。

    親指を当てながら内側からななめ上に向かって
    差し込むように押してみてください。

    他にも足の裏の中央をマッサージするのも効果的です!

  • 寝起き対策⑦ 好きな音楽を聴く

  • お気に入りの音楽を聴くことでも脳から
    快楽伝達物質という”ドーパミン”というのが分泌されます。

    このドーパミンが分泌されると
    血圧と体温が上昇して脳の活性化されるので目覚めもいい◎

    最近のスマホなどで目覚ましをかけているなら
    お気に入りの音楽をアラームにセットするのもいいかも!

  • 良質な睡眠と快適な目覚めを手に入れよう!

  • いかがでしたか?

    毎朝のちょっとした心がけで目覚めもスッキリ!

    寝起きのいい朝美人で一日をスタートさせてみましょう。

© 2015 All rights reserved GIRLY