GIRLY(ガーリー)

自撮りより《他撮り》が新定番!可愛く盛れる”撮られる人”と”撮る人”のポイント*

イマドキは自撮りより他撮りが定番!今まで自撮りで撮っていたセルフィはもう流行らない!?今可愛いのは他撮り!気になる他撮りとはなんなのか、可愛く盛れる撮り方はなんなのかをご紹介します。

2017.11.07

自撮りより《他撮り》が新定番!可愛く盛れる”撮られる人”と”撮る人”のポイント*

2017.11.07

目次

関連

イマドキは自撮りより他撮りが定番!今まで自撮りで撮っていたセルフィはもう流行らない!?今可愛いのは他撮り!気になる他撮りとはなんなのか、可愛く盛れる撮り方はなんなのかをご紹介します。

  • 自撮りはもう時代遅れ!今は他撮りが可愛く盛る♡


  • 可愛いアイコン写真を撮ろうと自撮りで
    試行錯誤していた時代はもう終わり!

    イマドキは《他撮り》で可愛い自分の写真を撮るのが
    新定番ってみなさん知ってました?

    誰よりも可愛い写真を撮りたい人に
    おすすめしたい他撮りについてまとめました。

  • ”自撮り”と”他撮り”の違いって?


  • ・自撮りとは…”自分自身”で写真を撮ること。
    ・他撮りとは…”自分以外の別の人”に自分の写真を撮ってもらうこと。

    文字通りの意味と違いがある自撮りと他撮りの違い、
    今はその他撮りで可愛く写真を撮るのが定番なんです*

    他撮りに必要なのは撮る対象の”自分”と
    自分を撮ってくれる”別の人”。

    この撮られる人と撮ってくれる人によってい違う
    可愛く盛れる写真を撮るポイントをご紹介します。

  • 撮られる(自分)人の可愛く盛れるポイント

  • ①姿勢正しく、アゴを引く


  • 撮ってもらう人で重要なのは姿勢を正しくすること!

    いくら可愛いみためでも姿勢が悪いのでは
    写真の見栄えもだらしなく悪い印象に。

    頭の天辺が糸で吊るされているような感覚で
    姿勢正しく背筋を伸ばして、アゴを少し引けば
    小顔効果にもなって可愛く盛れるポイントに*

  • ②自分の盛れる角度を知る


  • 顔や体の位置など自分が一番可愛くなれる向きを
    事前に知ることが盛るためにとっても大切なポイント*

    利き手があるように利き顔というのも存在するんです。

    《利き顔がわかる方法》
    ①右手を顔の前で横に真っすぐ伸ばして、人差し指を立てます。
    ②左手の親指と人指し指で輪っかを作ります。
    ③左手の輪っかを顔と右手の人差し指の中間くらいにもっていきます。
    ④輪っかの中に右手の人差し指が見えるようにピントを合わせます。
    ⑤あとは左右交互に目を閉じるだけ。

    結果:指がきちんとポイントされている方の目、
       指がわっかの中から外れてしまうほうの目に別れるはず。
       その中でも、きちんとポイントされる方の目の側が
       自分の利き顔になるんだそう!

  • ③メイクはいつもより濃いめがベスト


  • 他撮りをされる場合は、メイクはいつもより3倍近く
    濃いめのメリハリのあるメイクにするとより盛れる顔に*

    《ベースメイク》シェーディングで小顔メイクを作って、
            ハイライトで立体感ある美肌に。
    《チーク》いつものパウダーチークを濃いめに重ね塗り。
    《リップ》濃いめカラーで印象的な口元にして
         グロスでツヤと透明感ある唇に仕上げてみて。
    《アイメイク》アイライナーはいつもより太い(又は長め)に、
           マスカラはロングタイプでぱっちりお目目に。

  • ④コンプレックスは手や物でカバー


  • 顔や体周りのコンプレックスは手や物を使ってカバー!

    顔の丸みが気になるなら…
    手を顔の輪郭にそえてカモフラージュ、
    ウエストのお肉が気になるなら…
    ウエスト部分に手を当ててカモフラージュ、
    などなどやり方はいろいろ。

    これは逆に自分のチャームポイントを活かして
    目立たせる表現もできる方法です。

  • 撮る(別の人)人の可愛く盛るポイント

  • ①可愛い写真が撮れるように指示してあげる


  • 他撮りがうまい人は相手が可愛く盛れた写りになるように
    立ち位置や角度などの指示をするのが特徴的*

    相手の一番似合う姿や可愛いポーズを理解して
    写真に残してあげることが重要なんです。

  • ②角度や向きを変えながら何枚か写真を撮る


  • 他撮りがうまい人は同じ角度やポーズで
    何度も写真を撮ることはしません。

    いろいろな角度から試行錯誤して
    相手の一番ベストで盛れる写真を撮って上げるのがポイント*

    たくさん撮って多いに越したことはないですが
    同じポーズをずっと撮っててもあまり意味がありません。

  • ③ピント合わせは暗一番暗い所に合わせる


  • 他撮りがうまい人はピントの合わせたが違う!

    顔でピントを合わせるのではなく
    画面で一番暗くなっている部分にピントを合わせて
    全体を明るくトーンアップさせるのがポイント*

    透明感のある盛れる写真に仕上げることができますよ。

  • ④腰か太ももまでしか撮らない


  • 他撮りがうまい人は顔の盛れを意識して撮るのがポイント*

    写真に映る範囲は、腰か太ももまででストップさせると
    顔におもむきを置いたおしゃれで可愛い盛れる写真が取れますよ。

    この時も全体がなんだか暗いなと思ったら
    ピントを暗い所に置くことを忘れないで。

  • 友達と協力して盛れる写真を撮る♡


  • いかがでしたか?

    他撮りはチームワークが重要!

    自分のことを良く知っている友達と一緒に
    協力し合いながら可愛い盛り写真を撮るのがおすすめです。

    盛れる撮られ方も事前にマスターしておくと
    旅行先などでも可愛いくてフォトジェニックな写真が
    撮れること間違いなしですよ!

    是非参考にしてみてくださいね*

© 2015 All rights reserved GIRLY